読まないと失敗するマンション投資のリスク講座

読まないと失敗するマンション投資のリスク講座

マンション投資で失敗しないための投資サポート会社ガイド

マンション投資で失敗しないためには?

読まないと失敗するマンション投資のリスク講座どんなに堅実性が高い投資であっても、失敗リスクはつきもの。マンション投資も例外ではありません。

逆に言えば、リスクとその回避法をしっかり頭に入れておけば、マンション投資で失敗する危険性を限りなく抑えることができます

そのためのノウハウと、頼れるマンション投資サポート会社の情報をまとめたのが当サイトです。

失敗リスクを最小限に抑えてくれるマンション投資サポート会社BEST5

マンション投資の主な失敗リスク

マンション投資の主な失敗リスクとしては、以下の5つが挙げられます。

その1空室リスク

マンション投資の失敗リスク・空室マンション投資オーナーにとって、最も注意しなければならないリスクが、入居者がいない状態が続く「空室リスク」です。

これを回避するには、借り手に選ばれる価値のある物件を選ぶことが重要。立地条件、設備、将来性などを踏まえたうえで選ぶようにしましょう。

その2住宅ローン金利の上昇

マンション投資の失敗リスク・金利上昇住宅ローンなど金利が上がることで支払いが滞るようになり、最悪の場合、物件を手放すことになることも実際にはある話です。

少しでも金利が低い物件を選んだり、繰上げ返済を行うことでマンション投資の失敗を回避できます

その3想定外の維持・管理コスト

マンション投資の失敗リスク・コストマンション運営における突然の出費、例えばメンテナンス費用(月々の管理費や長期修繕積立金)などは時間の経過とともに上昇していくものです。

管理会社の力量によるところが大きいので、購入前に管理会社の実績や評判などもチェックしましょう

その4物件価値(価格)の下落

マンション投資の失敗リスク・物件価値の下落築年数が古くなったマンションは、建物自体の価値が下がり家賃収入の減少にもつながります。

中古マンションを購入する際は入居者需要が低かったり、価値に対して価格が高すぎたりする物件は避けるようにしましょう

その5天災による被害

マンション投資の失敗リスク・天災火災や地震などの天災によるリスクにも備えることが大事です。火災保険の加入は必須ですが、地震保険への加入も検討しましょう

また、自治体が提供するハザードマップなどから災害の少ないエリアの物件を選ぶことも、失敗しないための鉄則です。

マンション投資を軌道に乗せるにはまずリスク対策

これらの失敗リスクは、これまで多くのマンション投資オーナーが悩まされてきたもの。それだけに、対策も確立されています。

マンション投資のサポート実績が豊富な会社であれば、そのノウハウも熟知しているので、投資用のマンション物件は実績とサポート力のある会社から購入しましょう。これがマンション投資で失敗しないための鉄則です。

このサイトでは、マンション投資サポート会社の中でも特に頼れる10社を厳選して、それぞれの特徴を解説しています。中でも特に評判が高い5社のランキングも発表していますので、参考にしてみてください。

【当サイトの情報について】
当サイトで公開しているマンション投資やサポート会社の情報は、2014年5月現在の状況をもとにしています。
参考にする場合は、公式サイトなどで必ず最新の情報も確認してください。

マンション投資のサポート会社選りすぐり3選

1CRED

CRED

投資物件の質│ ★★★★★★

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:42歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:432万円
【 年齢:31歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:250万円
【 年齢:52歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:166万円

2株式会社シノケンハーモニー

株式会社シノケンハーモニー

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:57歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:358万円
【 年齢:46歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:95万円

3REiSM

REiSM

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★☆

成功オーナーの収入例
【年齢:37歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:164万円
【 年齢:52歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:89.5万円
 
 
読まないと失敗するマンション投資のリスク講座