読まないと失敗するマンション投資のリスク講座
読まないと失敗するマンション投資のリスク講座

マンション投資で失敗しないための投資サポート会社ガイド

HOME » マンション投資の失敗原因となる5大リスクとは? » その3・想定外の維持・管理コスト

その3・想定外の維持・管理コスト

マンション投資で成功を収めた投資家が、失敗リスクを避ける方法を紹介。空室リスク、想定外の維持・管理コストがかかる…意外な落とし穴にはまらないテクニックとは?

マンション投資の「突然の出費」も想定しておく

維持管理コストが突然上がって払えずマンション投資に失敗する…というリスクもありますので、想定しておきたい事象です。維持・管理コストの代表的なものが、月々の管理費や長期修繕積立金。しばらくは変動しないコストではありますが、時間が経過すれば上昇していくものです。

なかには、投資家に購入してほしいがために月々の長期修繕積立金を低めに設定し、いざ修繕工事というときに資金が足りず余計なコストがかかってしまった、という話もあるようです。こうしたケースは、管理会社の力量によるところが大きいので、購入前に管理会社の実績や評判などもチェックしておくようにしましょう。

失敗事例から学ぶマンション投資【パート2】

ここで、想定外の維持・管理コストが原因でマンション投資を失敗した方の事例を紹介しましょう。

Bさん(38歳)は、築30年以上の投資用マンションを購入しました。築年数の古い物件ほど表面利回りは高い傾向にあり、実際このマンションも表面利回り14%もある物件でした。

月々に支払う修繕積立金も相応の額で納得。それから入居者も決まり、順調に家賃収入も入りはじめて数年。修繕計画に基づいて大規模修繕工事を行うことになりました。

しかし、工事会社からの見積もり額の高さに驚愕。実は、外見ではわからない水回り部分の腐食や付属設備の劣化が想定をはるかに上回っていたのです。

これまで積み立ててきた資金だけでは足りず、オーナーが足りない分を負担することに。突然の出費に、資金回収は当然のことながら利回りも低く、ついには物件を手放してしまいました。

管理会社の選び方も重要ですが、オーナー自身も物件選びの際に建物設備についても見る目を養っておくことも大切なのです。

マンション投資のサポート会社選りすぐり3選

1CRED

CRED

投資物件の質│ ★★★★★★

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:42歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:432万円
【 年齢:31歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:250万円
【 年齢:52歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:166万円

2株式会社シノケンハーモニー

株式会社シノケンハーモニー

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:57歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:358万円
【 年齢:46歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:95万円

3REiSM

REiSM

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★☆

成功オーナーの収入例
【年齢:37歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:164万円
【 年齢:52歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:89.5万円
 
 
読まないと失敗するマンション投資のリスク講座