読まないと失敗するマンション投資のリスク講座
読まないと失敗するマンション投資のリスク講座

マンション投資で失敗しないための投資サポート会社ガイド

HOME » マンション投資の失敗原因となる5大リスクとは? » マンション投資のリスクを避ける心得

マンション投資のリスクを避ける心得

頼りになるのは、いざという時にしっかりとリスクに対応してくれる投資マンション会社。あなたを投資の失敗から救ってくれる会社選びに必要な6つのポイントを紹介します。

リスクを抑え失敗を避けるマンション投資術

マンション投資で失敗しないためには、リスクを最小限にすることが重要です。しかし、個人では管理・運用の面で対処できないことも多々あります。そこで、力になってくれる投資用マンションを扱う不動産投資会社の力を借りることになります。ここでは、マンション投資会社の選び方についてまとめました。

(1)マンション投資の実績が多い

所有している物件数や成約件数だけでなく、同じオーナーが2件目、3件目の投資物件を購入しているなどリピート率の高さなども参考にしましょう。また、社会的な信頼のある会社(上場企業など)の場合、金融機関からも信頼があり、ローンの優遇処置が受けられることもあります。

(2)優良な収益物件を多く持っている

利回りが高いことだけが優良物件の定義ではありません。空室が少なく地震などの天災にも強い優良な収益マンションを豊富に持っている会社を選ぶようにしましょう。

(3)対応力がある

どんなに優良企業であっても、何か問題が起きたとき対応がいい加減だったり、誠意のない対応しかしなかったりと対応力が悪いところでは、長く続くマンション運営では不安が拭えないでしょう。対応が迅速で、物件のいいところも悪いところも教えてくれたり悩みにも親身なって相談にのってくれるような会社を選べば安心です。

(4)サポート力がある

オーナーとなると、入居者の募集や家賃徴収、滞納者の対応などさまざまな賃貸管理業務があって大変です。少しでも手間を省くためには、管理業務のプロフェッショナルに依頼するのがいちばん。マンションの購入から賃貸業務まで一元管理のできる会社であれば、購入後の物件になにか不都合があった場合も、購入時と同じ業者との付き合いが続いていることは安心材料となるでしょう。

(5)サブリースが長期間である

入居者がいない場合でも、不動産投資会社が立て替えて家賃保証をしてくれる「サブリース」。会社によって保証期間が5年~30年とまちまちですから、できるだけ長いほうが安心です。ただし、サブリースがあるからと頼りすぎるのは危険。保証してくれる額は家賃から手数料が引かれた額ですから当初予定した収益額より低くなりますし、保証期間が切れたら収益ゼロのリスクが付きまといます。まずは優良物件を選んでから、サブリースについて検討するようにしましょう。

マンション投資は投資会社とも長い付き合いになります。それだけに、よきパートナーを見つけリスクを回避できる対応力のある会社を選ぶことが、失敗しないための近道なのです。

マンション投資のサポート会社選りすぐり3選

1CRED

CRED

投資物件の質│ ★★★★★★

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:42歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:432万円
【 年齢:31歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:250万円
【 年齢:52歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:166万円

2株式会社シノケンハーモニー

株式会社シノケンハーモニー

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★★

成功オーナーの収入例
【 年齢:57歳/所有物件:3室 】
年間家賃収入:358万円
【 年齢:46歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:95万円

3REiSM

REiSM

投資物件の質│ ★★★★★☆

サポート内容│ ★★★★★☆

成功オーナーの収入例
【年齢:37歳/所有物件:2室 】
年間家賃収入:164万円
【 年齢:52歳/所有物件:1室 】
年間家賃収入:89.5万円
 
 
読まないと失敗するマンション投資のリスク講座